睡眠中に足がつる原因と対処法

足がつる,睡眠中,原因

 

睡眠中に乗り物がつって視線が覚めた、という経験をした者は多いのではないでしょうか。

 

ただし足がつると言っても、ただただ急性実践や凄い実践による筋肉の疲弊だけが原因とは言い切れません。

 

とりわけ頻繁に足がつる者は、それ以外のことが原因となっている場合がありますので、どういったことに気を付けていけば望ましいかご紹介します。

 

ひとたび主な原因として、「血行不良」があります。

 

最も睡眠中は、下肢部分に血行がめぐり難いのち、夏の室温や冬の寒さを通してボディが冷えたとおり熟睡すると、ますます血行不良となってしまう。

 

元来、睡眠中は乗り物の筋肉は緩んで在るのですが、血行不良にて筋肉は終始収縮し緊張していらっしゃる状態になってしまい、乗り物がつってしまうのです。

 

そのため、普段から体を冷やさないよう努めるのはもちろん、お風呂は出来るだけ銭湯に浸かったり、就寝前にふくらはぎのマッサージを通して血行を良くする結果発達、予防に繋がります。また、年齢や実践不足による筋力の低下によっても血行不良となります。

 

足がつる,睡眠中,原因

 

筋力が低下するって、毎日実践を通していなくても、生活の中で筋肉が疲弊を起こしやすくなるため、睡眠中に乗り物がつり易くなるのです。適度な実践を通して、筋力を維持することも大切です。

 

もう一つの原因として、「ミネラル・潤い不足」があります。

 

ミネラルには、マグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムといった種が含まれていますが、ミネラル不足になるとこれらのイオン配分がひずみ、神経交流が乱れてしまいます。

 

そのため、睡眠中は緩んでいなければならない筋肉に間違った指示が分かり、始終収縮し緊張しておる具合が続いてしまうことで足がつるのです。

 

ミネラル不足を補うには、海藻やフルーツなどのミネラル食い分を殆ど含む夕食を意識的に取り入れたり、サプリも効果的です。

 

足がつる,睡眠中,原因

 

また、潤いにはミネラルが豊富に含まれていますので、ミネラル不足にならないみたい普段から潤い供給をかかさないことが大切です。

 

実践を通して汗をかく以外にも、者は1日にたくさんの汗をかいてあり、断然寝ている間は想像以上に汗をかきます。

 

冬季などは汗をかかないからといった潤いを備忘録ぎみですが、就寝前にコップ半?1杯程の水を飲み込むだけでも発達に繋がります。

 

水道水よりも、水やスポーツドリンクの方がおすすめです。

 

このように、頻繁に足がつる者は務めが原因となる場合が考えられますので、生活の中で少しずつ意識して出向く結果発達、予防に繋がるでしょう。

 

足がつるTOPへ