足がつるは?いかなる現象が起きる?

足がつる,病状

 

「足がつる」は俗称で「こむら返り」と言います。

 

「こむら」は「ふくらはぎ」のことを指してあり、「付き痛性筋癲癇」や「腓腹筋癲癇」という用キーワードと呼ばれることもありますが、どの言語もおんなじ階段を指していらっしゃる。

 

その階段はカラダに疲労が蓄積している時や睡眠中に乗り物の筋肉が急に収縮したり癲癇したりする事態が起こる事です。

 

場合によっては激しい苦痛や痺れを伴い、乗り物のふくらはぎがごつくなって取り回しがたくなることもありますが、ふくらはぎとか、乗り物の指や腱、乗り物全身がつる場合もあり、戦法や上腕、首やおなかなど事態が起こる範囲は幅広いだ。

 

こういう「足がつる」状態になる人の多くは立ち仕事をしている輩やお婆さん、また行動をしている輩に起こります。

 

足がつる,病状

 

どのケースでも筋肉の不安定感動による収斂が原因だが、それぞれにはそれぞれの理由があります。

 

予めのぼり仕事をしている輩ってお婆さんが足がつるのは乗り物の筋肉が年中、プレッシャーにあったせいです。

 

立ち仕事をしている輩は就労の都合上ふくらはぎに負担がかかり、お婆さんは慢性作用欠損のために乗り物の筋肉が緊張した階段になっています。

 

そのため筋肉は終始反応した状態にしくじり、通常の効果が鈍くなって赴き、結果として乗り物がつります。

 

こういう事態を引き起こす輩は立ち仕事をしている輩やお婆さんだけでなく、久しぶりに作用した時にも起こり易くなります。

 

足がつる,病状

 

ただし行動をしている人の場合は少々異なります。行動をしている際に足がつる理由は2つだ。

 

一つは作用中に疲弊が蓄積される結果疲弊物体です乳酸が貯まる出来事、もう1つは汗をかいた結果血内側のナトリウムやカリウムといった電解クォリティーが失われてしまい、心や筋肉がちっちゃな外敵も過剰に反応した結果起きる出来事だ。

 

また睡眠中に起きる場合は乗り物の低温や布団の荷重のせいでつま先に気苦労がかかったことが原因と考えられます。

 

このように足がつる事態は飽くまでも状態や症状に分類されるものであって、病気ではありません。

 

ただし腰椎性腰椎症のせいでプレスされた脊髄心が異常な感動を引き起こしてしまい、乗り物の筋肉が癲癇を起こすケースや夏に水分補完はしたものの、電解物体を補給しない為に血が薄められてしまって起こる「気力けいれん」と呼ばれる事態になってしまうケースだと仕掛けな状態です。

 

先述したように乗り物の筋肉の不安定収斂は病気ではないため、適切なセルフケアをすれば治りますが、もしセルフケアしても修正されなかったり癲癇の会社が広がっていくようなら先生の判断が必要になります。

 

足がつるTOPへ